參觀 橫濱市 磯子火力發電廠

參觀橫濱市的磯子火力發電廠。這𥚃擁有最尖端最乾淨的煤發電技術,PM2.5的懸浮微粒(主要是硫氧化物和氮氧化物)可以做到接近零排放,而二氧化碳CO2的排放,目前以超超臨界(USC)技術發電,減量已經是世界前茅,未來結合氫燃料技術的應用,還要要降到零排放。記得我任高雄市長時,在大林埔看到的火力發電廠,煤炭是露天堆放,居民飽受煤屑飛塵汚染之苦,二十年來臺灣發電技術雖也有在改善,但遠遠趕不上人民對空氣污染改善的迫切要求,希望透過資訊的公開和報導,許多問題的癥結,可以突破解決。

横浜市の磯子火力発電所を参観しました。ここには最先端のクリーンな石炭火力発電技術があり、PM2.5などの微小粒子状物質(主に硫黄酸化物と窒素酸化物)を限りなくゼロに近づけることができます。二酸化炭素(CO2)の排出については、現段階では超々臨界圧(USC)技術を用いた発電により、その削減量は世界屈指のレベルとなっています。将来的には水素燃料技術とも結び付けて応用し、CO2ゼロ排出を目指すとのことです。私は高雄市長を務めていたとき、大林埔の火力発電所では石炭が外に積まれ、近隣住民が飛来する石炭の粉じん汚染に悩まされていました。あれから20年が経ち、台湾の発電技術は改善されましたが、国民の大気汚染改善を求める切迫した声には追いついていません。情報公開と報道を通じて、根本的な問題点を明らかにし、解決の道が開けるよう望みます。

廣告
張貼在 Uncategorized | 發表留言

日本 育櫻會 新年會

參加日本育櫻會的新年會。育櫻會是以世界和平與地球環保為宗旨,在台灣及印度、尼泊爾等各國種植櫻花,並推廣與當地文化交流。松澤理事長與台灣淵源很深,植櫻的縣市遍及了台南、桃園、台北等多個城市,對於台日的友好交流,貢獻良多。

NPO育桜会の新年会に出席しました。育桜会は世界平和と環境保護を目的に、台湾やインド、ネパールなどの各国に桜を植樹し、現地との文化交流を促進してきました。松澤寛文理事長は、台湾との縁が深く、台南、桃園、台北など台湾の多くの都市に桜を植樹し、台日間の友好交流に大きく貢献しています。

張貼在 Uncategorized | 發表留言

駐日大使之夜

東京都主辦的「駐日大使之夜」。會場介紹東京傳統文化和2020奧運會的展望。
東京都が主催する駐日大使を招いた夕食会です。会場では、東京の伝統文化と2020年東京オリンピックの大会ビジョンが紹介されました。

張貼在 Uncategorized | 發表留言

日本空氣品質標準

PM2.5懸浮微粒被WHO(世界衛生組織)列為一級致癌物後,各國紛紛製定空氣品質標準,台灣是年平均值15微克(每立方公尺,以下同)),二十四小時值35微克,這個 標準低於WHO的要求,但就國際看卻是高標,中國大陸是35,75;韓國是25,50;但實際上卻都超標,日本有火力發電,也有來自韓國和中國的境外汚染,他們的標準和台灣一様是15,35,但卻能落實執行。這兩天假日,我在東京以台北使用的同一儀器測試,東京車站廣場為2.70微克,渋谷車站最熱鬧的八公像前是11.00,六本木地鐵月台6.22,公車內是3.41,代表處門口是5.71,廚房焼茶水時5.62,辦公室內有空調是0.22(當然也有量到超標44.55的地方,那是吸煙區或咖啡店的非禁菸座)。日本怎麼做到?台灣該怎麼做?以後再探討。

張貼在 Uncategorized | 發表留言

相撲表演場

日本一月場的相撲比賽尚未開始,東京兩國國技舘大門緊閉,但旁邊的相撲表演場仍然吸引不少觀光客,力士卯月在土俵上簡單表演後,通常會開放小朋友對力士挑戰,這是笑聲不斷的親子同樂時間!

日本の大相撲一月場所はまだ始まっていなくて、東京の両国国技館の門は閉まっていますが、隣にある相撲イベント場には多くの観光客が訪れます。力士たちが土俵上で簡単なパフォーマンスをした後、子どもたちが力士との対戦に挑戦します。笑い声が鳴りやまない親子の楽しい時間です。

張貼在 Uncategorized | 發表留言

小富士

搭乘日本到台灣的飛機,天氣好時可以看到富士山。上次到小山町有人告訴我,從靜岡縣的方向看富士山,山的右側有一塊凸出的地方叫小富士,所以知道飛機上的方向是靜岡縣而不是山梨縣。

日本から台湾へ飛行機に乗ると、天気がよいときには富士山が見えます。この前、静岡県小山町の方が私に教えてくれたのは、静岡県側から見る富士山は、山頂の右側にもう一つ盛り上がった「小富士」が見えるそうです。なので、飛行機から見えたのは、静岡県側からで、山梨県側からではないということがわかりました。

張貼在 Uncategorized | 發表留言

高雄行

昨天去了高雄。因為我說過:如果2006年高雄市長民進黨初選由陳菊勝出後,我有在民進黨中執會上反對或質疑初選結果,我願意隨時赴高雄市政府向陳菊陪罪。等了一天,沒有人能指出該中執會的具體時間,更沒有人証明有這種事情存在,真相大白算是给我的新年禮物。但今天離開高雄市,內心還是有點抽痛。

張貼在 Uncategorized | 發表留言